企業価値向上にCFOが果たす4つの役割

CFO(最高財務責任者)はスペシャリスト型の経営者として、ファイナンス視点を意思決定に取り入れ企業価値向上に貢献します。

1.アナリストとして、市場・調達環境及びCF(キャッシュフロー)の分析による財務の健全化を行う

2.ストラテジストとして、収益戦略・資本政策からタックスプランニング・資本コストまでの財務戦略を策定する

3.オペレーターとして、内部統制・決裁プロセスの効率化から予算作成・月次年次決算の早期化を行い予算実績を管理し運用する

4.インベスターとして、事業ポートフォリオ・R&Dマネジメント及びCVC運営に必要なハードルレートを管理し投資対効果を最大化する

more information


roles

CFOサービス内容

コンサルティングによりCFOの役割を外部から支援

1.財務の健全化に向けてCF(キャッシュフロー)の分析レポーティングサービス

2.最適な資金調達の為の資本政策、ストラクチャリング構築支援サービス

3.効率的な予実管理の実現に向けた情報統制プロセスの構築支援サービス・月次決算早期化支援

4.J-SOX対応の業務記述書、フローチャート、RCMのアウトソース/IPO支援業務

5.内部監査及び内部統制構築支援、規定作成支援/IPO支援業務

フィナンシャルアドバイザリー内容

専門化チームによる幅広い支援を実現

1.最適な資本・負債構築を目指すエクイティまたはデットストラクチャリング・そのエグゼキューション

2.事業成長や事業再構築を実現するM&A・資本業務提携ストラクチャリングとエグゼキューション

3.企業間ビジネスアライアンスによる自社テクノロジー・ノウハウのコマーシャリゼーション

4.投資候補会社の選定とイニシャルデューデリジェンス・投資ストラクチャリングとエグゼキューション

研究と提言

オルタナティブ(代替え手段)の確立に向けて

日本市場はファイナンスも多様化すべきと言われております。弊社ではオルタナティブの確立に向けて欧米の郷土愛を基にした先進的なファイナンナンス構造について大学と共同研究を行い、金融機関への働きかけを行っております。

map

お知らせ

プレスリリース・事例・コラムのご紹介

コラム執筆事例:

日本経済新聞社(college cafe) 公開終了後はPDFにて閲覧できます。 

アドバイザリー事例:

(株)電通国際情報サービス、三菱地所(株)および(株)電通と協業で運営している日本初のFinTech拠点

お知らせ:

Kanekyoオンラインをリリース致しました。


お知らせ:

ネパール連邦民主共和国に対する日本政府の国際支援に専門家を派遣し協力しております。

会社案内

Company profile and contact information.

ミッション・ポリシー

資本を動かし可能性を創り出す。

Move the capital and create the potential value.

私たちは、サスティナブルな企業・団体・個人の社会活動をアドバイザリー事業・メディア事業を通じ支援します。そして企業活動を通じ金融市場の財務の多様化へ貢献することが使命であると考えています。
資本は何かに変えることで価値を生み出すものです。その可能性に秘める資本を、挑戦する方へ円滑に動かすことでサスティナブルな社会の実現をします。

サスティナビリティーポリシー

私たちは2019年5月29日にTHE PRIの審査に通過し、投資責任原則に賛同をしている署名機関です。
国連の認証ページへリンク

私たちはアドバイザリー・メディア事業を通じてクライアント・ユーザーに提供されるESGに関する情報に大きな影響力をもっていることを認識しております。
国連サポートにより運営されるThe PRIの提唱する投資原則に従いプロフェッショナルサービスパートナーとして投資活動を支援し、またその投資対象を支援致します。

※金融商品取引法における「投資助言」「仲介」にあたる行為は一切行える地位におりません。
※プロフェッショナルサービスパートナーを別名サービスプロバイダーと表記します。

組織概要



会社名

Kanekyo Corporation  /  日本国登記:株式会社金匡

所在地

東京都千代田区丸の内2-2-1岸本ビルヂング6階

代表電話

03-6271-9135

取引先銀行

三菱UFJ銀行 本店

代表取締役

金子 匡俊 MBA(ファイナンス修士)

    

 -略歴-2016年早稲田大学大学院でMBA(ファイナンス修士号)を取得。
2009年より国土交通省管轄空港における民間航空機の飛行方式設計者を務め、その後ダイヤモンドメディア株式会社にて経営企画、取締役CFOとして資本政策、資金調達などの経営管理業務に従事。 独立後、上場企業との資本提携における発行体のアドバイザリー業務を開始、2016年より現職。


マネージングパートナー

鴇田 英之 公認会計士

 -略歴-新日本監査法人にて金融機関及び上場企業の監査と企業成長サポートセンターを兼務し内部組織体制、会計制度等の構築などのIPO支援業務に従事。
<執筆著書>「有価証券報告書の作成実 務」(中央経済社)、
「監査役監査の基本がわかる本」 (同文館出版)など
<セミナー事例>
「KPIを利用した管理体制のポイント」「アベノミクスと決算書」「会社を強くする経営管理セミナー」

パートナー

松原考汰

    

 -略歴-大学院で応用物理学(半導体物性)を専攻。大学院修了後、政府系開発金融機関にて中東・アフリカ地域のインフラ開発向け融資やSDGs推進等に従事。
その後、大手金融機関でストラクチャード・ファイナンス(国内外の再エネ事業、不動産等の証券化商品等)の投資・審査業務に従事。
その後、IT企業での経営企画を経験したのち現職。


お問い合わせ

弊社へのお問い合わせはこちらよりお願い致します。

お問い合わせページへ